マー君新人としては野茂以来!!月間MVP獲得!!など、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マー君新人としては野茂以来!!月間MVP獲得!!


海の向こう
アメリカに渡っても大活躍中の
マー君

e9cddc9a.jpg

並似る強豪打者をバッタバッタと
伝家の宝刀
スピリットで三振の山を築き
5月の1カ月間、6試合に登板、43回を投げ、5勝1敗、防御率1・88、42奪三振をマーク。

勝利数は最多タイ、防御率は2位、奪三振は3位、投球回は3位と
エースにふさわしい成績を残し見事
月間MVPを獲得。

本人は
「うれしいです。(何を評価されたかは)分からないです。
自分自身でも選ばれると思っていませんでしたし、
他にたくさんピッチャーがいるので。本当に、聞いたときは、
あ、獲れたんだ、という感じでしたね」
とコメントしています。


新人として月間MVPを獲得したのは
野茂以来19年ぶりの快挙!!
ダルビッシュも取っていなかったのですから
その活躍は言うまでもないですね。

さてさて今回の活躍もすごいですが
19年前に月間MVPを獲得した
野茂秀雄とはいったいどんなピッチャーだったのでしょうか?


====【野茂秀雄とは】====



c0069483_23264544.jpg

1968年8月31日生まれ
大阪市出身

小、中学校時代は無名だったが
高校に入ると実力の片りんを見せ
卒業時にはプロからの誘いもあったが
新日本製鐵堺に入社。

1988年のソウルオリンピックでは銀メダル獲得に貢献している。

アマ№1投手になった彼は
ドラフト会議でなんと
8球団からの指名を受けた。

抽選の結果当時の近鉄(現在のオリックス)が
交渉権を獲得。
契約時に彼の代名詞トルネード投球フォームを変更しないという条項が付け加えられた。

新人として入団した1990年。
彼はトルネード投法で大活躍し
なんと投手部門
最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率の4冠を獲得した他
ベストナイン・新人王・沢村栄治賞・MVPにも輝き
「ドクターK」の異名に違わぬ活躍を見せた。


そして1995年2月8日に「ドクターK」の異名を引き下げ
ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。
ちなみに年俸は近鉄時代の1億4000万円からわずか980万円です。

なんか侍魂を感じます。

今の日本人の活躍があるのはこの時の
野茂があったかもしれないですね。

マー君感謝しましょう<(_ _)>

そして彼はデビューから大活躍をし
球団新人最多記録の16奪三振を記録
球団新記録となる4試合での50奪三振を達成
シーズン通算で13勝6敗
防御率2.54・236奪三振、リーグ最多の3完封
チームの7年ぶりの地区優勝に貢献

日米で『NOMOマニア』という言葉が生まれる程の人気選手となった。

何か今のマー君に似ているところがありますね。

その後3球団を渡り歩き
2005年惜しまれつつも引退。


彼の現役時代の輝かしい成績、活躍をまとめてみました。










改めて見ても野茂秀雄は凄い選手です^^

現在は【NOMOベースボールクラブ】
を設立したり臨時コーチをやるなど後身の指導をしているそうです。

マー君ダルビッシュなど
大リーグで活躍する日本人

【NOMO】の功績は
今後も語り継がれていくことだろう。
スポンサーサイト

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

Copyright © トレンド請負人タカのココだけの話。 All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。