コーラを30分ふってから開けるとこうなっちゃいます^^など、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーラを30分ふってから開けるとこうなっちゃいます^^

突然ですが
あなたは
コーラーはお好きですか?

私はコカコーラ―だね!!
いやいやペプシでしょう!!

ec48dd6e.jpg





色々なご意見が
おありでしょうが
僕は飲み過ぎた次の日以外
基本飲みませんww

どうでもいいのですが
飲み過ぎた次の日って
なんでコーラーが欲しくなるのでしょう。。。。。

分かる方がいたら教えて下さい((笑)

まぁーそんな話はどうでも良くて
今日は土曜日ですので
こんな動画を見て
ちょっと息抜きをして頂ければと……

コーラを30分ふってから開ける




こうなる事は想定できていましたが
ウケますwww

朝っぱらから何をやってんだ!
ってツッコミを入れたいところです^^

少しは息抜きが出来ましたか?

せっかくですので
コカ・コーラの歴史とその由来の秘密
についてちょっと。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 1886年、ジョージア州アトランタにあるドラッグストアの
薬剤師ジョン・ペンバートンは、頭痛の新薬を開発しようと
自宅の裏庭に鍋を持ち出し、実験に勤しんでいた。
鍋の中身は水、砂糖、南米で採れるコカの葉、西アフリカ原産のコーラの実など
これらを煮詰めた茶色いシロップを、ペンバートンは薬局で売り出した。
価格は1杯50セント。商品名は、薬局の経理担当者の提案により、
原料のコカ(coca)とコーラ(kola)をつなぎ、ただしkolaのKをCに換えて「Coca-Cola」とした。

原料のコカの葉は、言わずと知れた麻薬コカインの原料で、
コーラの実にはカフェインが含まれている。
つまり、当初の“頭痛薬コカコーラ”は、相当に刺激の強い飲み物だったと思われる。

当時のドラッグストアには、ソーダ水やアイスクリームを出すカウンター、ソーダファウンテンもあった。
ある日、頭痛薬コカコーラを買った客が、味の濃さに辟易したためか、
「水を入れて薄めてくれ」とソーダファウンテンの店員に頼んだ。
ところが店員はなぜか炭酸水で割ってしまい、するとこれが予想外の美味しさだった。
後に世界を席巻する“清涼飲料水コカ・コーラ”誕生の瞬間だった。

 しかし、コカ・コーラ発売初年度の売り上げはわずか50ドルにしかならず、
翌年、ペンバートンはコーラ関連の権利を売却してしまう。
密かにコカ・コーラの可能性に目を付けて権利を買い取った
薬業者エイサ・G・キャンドラーは、1892年にコカ・コーラ・カンパニーを設立。
以後、見事なビジネス手腕でコカ・コーラを全国規模のヒット商品に仕立て上げた。

コカ・コーラが売れるにつれ、麻薬コカインの成分が
含まれていることに対する非難が強まっていった。
そこでキャンドラーは、コカ・コーラ独自のフレイバーを保つために
コカの葉を使いながらも、コカイン成分を抜くことに成功した。
ちなみに現在、米国で医療用を除けばコカを合法的に使用できるのは
コカ・コーラ社だけだと言われている。(*)

コカ・コーラのレシピ(原料と、その配分)が
トップシークレットであることは有名な話で、
開発当時から現在に至るまで
「レシピはアトランタ本社の金庫にあり、2人の幹部しかアクセスできない」
といった噂には事欠かない。
実際、コカ・コーラの成分表には、甘みのための砂糖やコーンシロップ、
着色のためのカラメルなどは表示されているが、
肝心の風味は「ナチュラル・フレイバー」とだけ記されており、原料は明かされていない。

この秘密のレシピは、実は1985年にも一度変更されている。
ライバルであるペプシを打ち負かすために、
微妙にレシピを変えた「ニュー・コカ・コーラ」が大々的に売り出されたのだ。
しかし、発売前のテストでは好評だったニュー・コカ・コーラは、
なぜかさっぱり売れなかった。
その理由を「人には馴染みの深いモノに執着する傾向があるため」と
分析した識者もいる。
とにかく、窮地に立ったコカ・コーラ社は数ヶ月後に元のレシピを復活させ、
「コカ・コーラ・クラシック」として再発売した。
現在も缶やボトルのロゴには小さく「クラシック」と書き添えられている。

いずれにしても、秘密は解き明かしてみたくなるのが人の常。
これまで多くの人間がレシピを解明しようと試みた結果、
一般的にはオレンジ、レモン、バニラ、ナツメグ、シナモンなどが
使われていると言われている。
しかし、その真偽は已然として謎のままだ。

*マイアミ・ヘラルド紙によれば、
米国のコカ取り扱い会社がコカの葉を輸入し、
コカ・コーラ社のためにコカイン成分の含まれていない
抽出液を製造しているという。
ただし、コカ・コーラ社はコカに関してはノーコメント
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
引用おわり


コーラーの
歴史にこんなことが
あったなんて知ってました?

いずれにしても
謎の多いコカコーラ―

明日の日曜日は
そんなコーラーを使って
どんな実験をします?




スポンサーサイト

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

Copyright © トレンド請負人タカのココだけの話。 All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。