前橋育英 高橋光成 ドラフト1位指名は!?など、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前橋育英 高橋光成 ドラフト1位指名は!?



img58787900.jpg


ブラジルW杯が終わりましたが
絶対に負けられない戦いに挑んでいる選手たちは
サッカー選手だけではありません。


8月9日に開幕する
第96回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園大会)
に出場する高校球児。


各地で熱戦が繰り広げられていますが
僕の注目はやはりこの選手。

前橋育英 高橋光成


OSK201308120198.jpg


昨年の夏の甲子園で優勝。

今年も連覇の期待がかかるプレッシャーもありますが

2回戦 前橋育英7x―0松井田=7回コールド

と順調な仕上がりを見せ
1月のバント練習中に右手親指を骨折した心配を払拭した。




高橋光成



1997年2月3日、群馬・太田市生まれ。

小1から利根ジュニアで野球を始める

ちなみにこの利根ジュニア
富士スバル野球部 阿部次男 
も所属していました^^

20090303_820436.jpg

彼は本当に野球バカです……


なんで知っているの?って
…………。。


まぁー良いでしょう(笑)


沼田利根中学の野球部でエースとして活躍。


前橋育英に進学

1年生の秋にはエースとなり、
太田工戦ではて6回まで毎回奪三振でノーヒットピッチング、
7回に初安打を許したものの、9回は三者連続三振で締めて
4安打15奪三振で1失点、無四球完投勝利を挙げ大器の片りんを見せた。

そして
2013年8月
第95回夏の高校野球選手権記念大会で優勝し、優勝投手に!!




優勝した瞬間は号泣してました(笑)

今見ても感動します^^


あの感動をもう一度!!

今年の夏もそんな感じですが
県予選20日の3回戦では
優勝候補の一角・高崎健康福祉大高崎と激突。

ここが県予選を突破する
勝負の分かれ目な戦い。

何としてもここは勝手
勢いをつけてほしいところです。

20日は応援に行ってきます^^

是非とも県代表として
甲子園でその雄姿を見てみたいものです




高橋光成 将来性



188センチ、88キロ。右投右打。

無題kouna


高橋光成選手のプロ評価


横浜DeNA・高田GM:「体が大きいし、魅力がある。故障を心配していた。
去年に比べればまだ万全じゃないけど、あれだけ投げられれば問題ない」(2014/07/14)

千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「一番の魅力は甲子園の時のように自分でゲームメークできて
勝てる投球ができるところ。素材の良さは既に実証されている。
課題の直球がレベルアップして球威も良くなってきている。」(2014/07/14)

巨人・吉武スカウト:「立ち上がりが良かった。次戦が楽しみになった」(2014/07/14)

北海道日本ハム・今成スカウト:「少し上体に力みがあり、ばらつきもあった。
しかし元々は質の高いボールを投げる投手。
バント処理もいい。将来有望な投手である事は間違いない。」(2014/07/14)


各球団から高い評価を得ている

横浜DeNAは高田GM自ら足を運び
ロッテはなんと5人が熱い視線を送った。


自己最速148キロと
スライダー、フォークを中心とした多彩な変化球に制球力が持ち味。

昨年の夏の甲子園では5試合に完投するなど
スタミナも兼ね備えた本格右腕。

ノーワインドアップから重心を下げインステップ気味に踏み込み、
肘を柔らかく使った球持ちに良さのある

腕の振りから投げ下ろす最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の威力のある直球と
120㌔前後の2種類のスライダー、130㌔前後のフォーク、100㌔台のカーブ。
力み無い投球フォームで低めに投げ込み、要所では伸びのある直球、縦スラ、フォークで空振りを奪う。

最速では148㌔を記録する本格派ながら、低めに決める変化球も持ち味の一つ。


もちろん今年のドラフト1位指名候補。

他にも
済美(愛媛)安楽 智大
明徳義塾(高知)岸 潤一郎
など投手は粒ぞろいな今年の高校野球。

なかでも高橋光成は昨年の甲子園優勝投手

2年生ながら
甲子園6試合50回で46奪三振(スライダー19個、ストレート14個、フォーク13個)をマーク。

実績は十分。

スカウトから西の安楽、東の高橋と評される好資質の持ち主。50m6秒0、遠投100m。



あとは、本田圭佑のような
強い精神力が付けば
プロでも十分やっていける素質はある。


いずれにしても
負けたら最後の高校野球。

絶対に負けれられない戦いを乗り越え
深紅の優勝旗をもう一度
群馬県に持って帰ってきてほしいものです!!


ちなみに夏の甲子園を連覇した高校は
今まで5校しかなく
田中将大率いる
駒大苫小牧高校が2005年に達成して以来
連覇した高校はない。

それだけに、高橋光成にかかる期待は大きいが
平常心を持って普段通りにやってくれればおのずと
結果はついてくるだろう……













スポンサーサイト

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

Copyright © トレンド請負人タカのココだけの話。 All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。