バラード・ベスト・アルバム『Ballada』安室が発売!!

6月4日
安室奈美恵
自身初となるバラード・ベスト・アルバム『Ballada』がリリースされた。

安室奈美恵スペシャルサイト


7ae58748-s.png




デビューから一線で活躍している安室奈美恵。

その中でも彼女の唄うバラードは
何か安らぎを与えてくれる。


ミニスカート・厚底ブーツ・ロングヘア茶髪
安室奈美恵に憧れる
アムラーと言われる女性が誕生した
1995年。

K2Bz16lhQMBebgm_s7HaC_149.jpeg


そんな彼女もデビューしてから早いもので
20年。

大人になりました(笑)

f5279b9cb3f343.jpg


アムラーから安室奈美恵に変化を遂げた
彼女の軌跡について触れてみましょう

安室奈美恵
1997年9月20日生まれ
沖縄県出身


安室奈美恵withスーパーモンキーズとして
【TRY ME~私を信じて】でデビュー



後ろで踊っているのはMAXです^^

1996年にはソロとして史上最年少で第38回日本レコード大賞で大賞を受賞

浜崎あゆみ

ct_index_06.jpg


倖田來未

kodakumi_a05.jpg

などの女性シンガーの草分け的な存在でしたね。。

数々の金字塔を打ちたてた彼女ですが
当時の活躍にはやはり彼の存在が
大きかったのでないでしょうか……

小室哲哉

komuro_tetsuya.jpg

『Don't wanna cry』
『You're my sunshine』
『a walk in the park』
『CAN YOU CELEBRATE?』

などの名曲は彼が手がけたました。

中でも
1997年2月にリリースし、ドラマ『バージンロード』の主題歌となった
「CAN YOU CELEBRATE?」はダブルミリオンを突破し
オリコン年間シングルチャート首位を獲得。
同時に、邦楽女性ソロアーティスト歴代1位のシングル売上を記録した
(2014年現在もこの記録は破られていない)

彼の全盛期なころですね(苦笑い)

今回は彼の話は割愛させて頂きます(笑)
また機会があれば……


彼のプロデュ―スから離れた彼女は
Suite Chicとしての活動を開始。
R&B、HIP HOP系の豪華なクリエイターとのコラボレーションによる
ストリート色の強い【When Pop Hits The Fan】はR&Bシーンを揺るがせた。
その後のシングル『Shine More』『Put'em Up』『So Crazy』でも
これまで培ってきた“安室奈美恵”独自のスタイルを確立している。


~歌姫安室奈美恵の私生活~

1997年10月
TRFSAMと結婚

6541fb03e5f02192fc46169692d3b3b8.jpg

1998年5月
長男 温大(はると)君誕生

彼女の左手には
はると君のタトゥーが入ってます。

namie-tattoo.jpg

2002年7月
SAMとの離婚が成立

一時は親権をSAMに渡すが
2005年に安室が親権を取り戻しました。

離婚当初はSAMの実家
丸山家の跡取りとして
どうしても【温大】君を欲しかったみたいです。

そうSAMの実家は
大学院の経営者で兄弟3人全員
医者という頭脳一家でございます。

その後
親権を獲得した安室は
息子中心の仕事にチェンジ。

【極力6時以降の仕事は入れない】
と決めたり
【学校行事になるべく参加する】
など
息子との二人三脚で生活をしてきました。

彼女はそんな息子との思いを

:安室奈美恵のために、家族を犠牲にはしない
:家族のためなら、安室奈美恵を犠牲にすることはまったく怖くないし躊躇もない
:人がどう思うと関係ない。私は息子のため自分のために歌い続ける
:息子のために頑張らなきゃいけない。 それが生きがい

と語っています。

スーパースターであっても
愛情あふれるお母さんですね。。。



現在15歳の温大君
かなりのイケメンらしいですが
画像がないのであしからず^^

高校は
千葉県の暁星国際学院に通っています。

早稲田、慶応、東大などの合格者を
多数輩出している名門校らしいです。

小さいころから
インターナショナルスクールに通っている
温大君はすでに英語が堪能との事です。

うらやましい……

将来が楽しみです^^

お母さんとの共演!!?
なんて事ももしかしたらあるかも
しれませんね。



スポンサーサイト



マー君新人としては野茂以来!!月間MVP獲得!!


海の向こう
アメリカに渡っても大活躍中の
マー君

e9cddc9a.jpg

並似る強豪打者をバッタバッタと
伝家の宝刀
スピリットで三振の山を築き
5月の1カ月間、6試合に登板、43回を投げ、5勝1敗、防御率1・88、42奪三振をマーク。

勝利数は最多タイ、防御率は2位、奪三振は3位、投球回は3位と
エースにふさわしい成績を残し見事
月間MVPを獲得。

本人は
「うれしいです。(何を評価されたかは)分からないです。
自分自身でも選ばれると思っていませんでしたし、
他にたくさんピッチャーがいるので。本当に、聞いたときは、
あ、獲れたんだ、という感じでしたね」
とコメントしています。


新人として月間MVPを獲得したのは
野茂以来19年ぶりの快挙!!
ダルビッシュも取っていなかったのですから
その活躍は言うまでもないですね。

さてさて今回の活躍もすごいですが
19年前に月間MVPを獲得した
野茂秀雄とはいったいどんなピッチャーだったのでしょうか?


====【野茂秀雄とは】====



c0069483_23264544.jpg

1968年8月31日生まれ
大阪市出身

小、中学校時代は無名だったが
高校に入ると実力の片りんを見せ
卒業時にはプロからの誘いもあったが
新日本製鐵堺に入社。

1988年のソウルオリンピックでは銀メダル獲得に貢献している。

アマ№1投手になった彼は
ドラフト会議でなんと
8球団からの指名を受けた。

抽選の結果当時の近鉄(現在のオリックス)が
交渉権を獲得。
契約時に彼の代名詞トルネード投球フォームを変更しないという条項が付け加えられた。

新人として入団した1990年。
彼はトルネード投法で大活躍し
なんと投手部門
最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率の4冠を獲得した他
ベストナイン・新人王・沢村栄治賞・MVPにも輝き
「ドクターK」の異名に違わぬ活躍を見せた。


そして1995年2月8日に「ドクターK」の異名を引き下げ
ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。
ちなみに年俸は近鉄時代の1億4000万円からわずか980万円です。

なんか侍魂を感じます。

今の日本人の活躍があるのはこの時の
野茂があったかもしれないですね。

マー君感謝しましょう<(_ _)>

そして彼はデビューから大活躍をし
球団新人最多記録の16奪三振を記録
球団新記録となる4試合での50奪三振を達成
シーズン通算で13勝6敗
防御率2.54・236奪三振、リーグ最多の3完封
チームの7年ぶりの地区優勝に貢献

日米で『NOMOマニア』という言葉が生まれる程の人気選手となった。

何か今のマー君に似ているところがありますね。

その後3球団を渡り歩き
2005年惜しまれつつも引退。


彼の現役時代の輝かしい成績、活躍をまとめてみました。










改めて見ても野茂秀雄は凄い選手です^^

現在は【NOMOベースボールクラブ】
を設立したり臨時コーチをやるなど後身の指導をしているそうです。

マー君ダルビッシュなど
大リーグで活躍する日本人

【NOMO】の功績は
今後も語り継がれていくことだろう。

Copyright © トレンド請負人タカのココだけの話。 All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]